角居調教師の調教停止期間が満了「残された時間を頑張っていきたい」

2019年01月08日 14時54分

角居勝彦調教師

 昨年7月6日に道路交通法違反(酒気帯び運転)で滋賀県警に逮捕され、罰金刑を受けた角居勝彦調教師(54)の調教停止期間が満了。中竹和也厩舎に馬房臨時貸付となっていたキセキやサートゥルナーリアなど76頭は、7日付で同厩舎から角居厩舎に転厩。12日に中山競馬場で行われるGIIIフェアリーS(中山芝外1600メートル)にはさっそく、タニノミッションが出走する。

 角居調教師「このたびのことは本当に申し訳ございませんでした。それだけしか言えないです。(調教師引退は)2021年の2月いっぱいまでとなるのは変わりないですが、残された時間をとにかく頑張っていきたいと思います」