【有馬記念・後記】オジュウチョウサン9着も武豊「改めてすごい馬」

2018年12月24日 21時00分

オジュウチョウサン

 23日、中山競馬場で行われたGI第63回有馬記念(芝内2500メートル)にファン投票第3位で選出されたオジュウチョウサン。多くのファンの夢(レースは5番人気)を背負った挑戦は9着という微妙な結果に終わった。だが、これを“ドン・キホーテの旅の終わり”と揶揄する者はおそらくいない。

「すごい馬だな、と改めて思いました」と語った鞍上・武豊の弁はリップサービスではない。平地では1000万下を勝ったばかりの馬が、GIの舞台で堂々と3番手の好位をキープ。逃げるキセキを追うファイトを最後まで貫いたのはある意味で驚異的だった。

「馬場を思えば速いペースだったが、下げて前に入られるのも嫌だった。雨馬場で走りにくそうでしたが、最後の直線は一瞬でもオッと期待を抱く手応え。4コーナーの走りには乗っていて感動しましたね」

 一方、和田郎調教師は愛馬へのねぎらいと悩める思いを交錯させた。

「確かに障害を走っていれば楽々と勝てたかもしれない。ただ、まだ何かできると望みを持たせる走りでもありました。今後の目標をどう定めるか、いろいろと考えることになります」

 もちろん“夢の舞台”が終われば、平地では1600万下条件の身。GI出走はファン投票頼みのグランプリに限られるのがシビアな現状だ。障害最強馬の“二刀流”挑戦…11連勝がストップしたこれからが、実は本当の戦いとなる。