【チャンピオンズC・後記】価値ある2着ウェスタールンド 衝撃の上がり34秒4

2018年12月03日 21時32分

2着に入ったウェスタールンド

 2日、中京競馬場で行われたGI第19回チャンピオンズカップ(ダート1800メートル)は1番人気のルヴァンスレーヴが優勝。大胆不敵なポツン最後方の競馬で2着に追い込んだのがウェスタールンド。上がり3ハロンは驚きの34秒4だ。

「今日はしまいにかける競馬で最内を突くと決めていました。価値ある2着だったと思います」と藤岡佑。シリウスS(2着)後に“GI級の末脚を使える”と語っていた佐々木調教師はそれを実証した結果に「前走の武蔵野S(7着)では良さを出せなかったが、腹をくくってラストにかける競馬が合っているね。一頭強い馬がいて残念ではあるけど、こういう競馬をしていれば距離の融通も利く。賞金を加算できたことで来年の戦い方も楽になる」と納得の表情だった。