【神戸新聞杯】落馬負傷の福永騎乗取りやめ ワグネリアンは藤岡康に乗り替わり

2018年09月19日 10時14分

16日の阪神6Rで入線後に落馬した福永

 福永祐一騎手(41)が18日、来週30日までの騎乗を取りやめることを発表した。16日の阪神競馬6Rで入線後に落馬し、後続馬に頭部を蹴られて「頭蓋骨骨折、気脳症」と診断された。2日間の安静が必要で17日の阪神の全8鞍で騎乗を取りやめていた。その後のCT検査では異常がなく、「火曜にもう一度検査して、騎乗許可の診断をもらう予定」と、23日のGII神戸新聞杯(阪神芝外2400メートル=3着までに10・21菊花賞優先出走権)でのワグネリアンへの騎乗に意欲を見せていた。しかし、18日の再検査後に一転して「ひどくなったわけではないが、医師と相談した結果、決めました」と今週、来週の騎乗を見送ることを福永本人が発表した。脳という繊細な箇所でもあるため、大事を取ったものと見られる。

 主戦のアクシデントでダービー馬の秋初戦は乗り替わりとなる。19日朝、友道調教師は「祐一君には先週乗ってもらっていて『成長を感じるので楽しみ』と言ってくれていた。非常に残念なことだけど、次は彼に戻ると思うのでその時は頑張ってもらいたい」とコメント。