【キーンランドC】レッツゴードンキ 折り合いスムーズ「今年は夏場を順調に過ごせて、状態もいい」

2018年08月21日 20時33分

【キーンランドC(日曜=26日、札幌芝1200メートル=1着馬に9・30スプリンターズS優先出走権)注目馬21日最終追い切り:函館競馬場】レッツゴードンキは1週前に岩田騎乗で芝5ハロン63・4―11・3秒としっかり追われているため、この日は加藤(レースは岩田)を背にウッドで単走馬なり。鞍上との折り合いも良く、スムーズに脚を伸ばし、5ハロン69・8―12・4秒の時計を刻んだ。

 加藤騎手「道中でかかるところもなかったし、最後も手綱を放したらビュンと伸びてくれました」

 寺田助手「(火曜追い切りの理由を)環境が変わってしまうと緊張する馬。追い切ってすぐに(札幌に)輸送するよりはいいと思ってやった。昨年は春の疲れが抜けず、スプリンターズS(2着)にぶっつけになったけど、今年は夏場を順調に過ごせて、状態もいいですからね」

 スプリントGI・2着3回の地力の高さを復帰初戦から存分に見せてくれそうなムードだ。