【キーンランドC】タマモブリリアン 抜群の行きっぷりで加速「前々で自分の競馬さえできれば」

2018年08月21日 20時32分

【キーンランドC(日曜=26日、札幌芝1200メートル=1着馬に9・30スプリンターズS優先出走権)注目馬21日最終追い切り:函館競馬場】タマモブリリアンはウッドで単走。乗り手が抑えるのに苦労するくらいの抜群の行きっぷりで加速し、馬なりのまま4ハロン53・5―12・5秒をマークした。陣営も色気十分だ。

 柴田助手「短期放牧を挟んだけど、中間の動きは軽快ですね。ここにきて馬体もひと回り大きくなっている。洋芝で結果を出している馬だし、前々で自分の競馬さえできれば」