藤田菜七子が新潟6Rで今年のJRA・12勝目 女性騎手最多勝まであと2

2018年08月04日 13時39分

鞍上で笑顔を見せる菜七子

 藤田菜七子騎手が4日、新潟競馬6Rで8番人気のウインスラーヴァ(牡3・上原)に騎乗して1着となり、今年のJRA・12勝目を挙げた。

 8番人気と評価は低かったが、スタンド前でハナを奪うとあとはマイペース。4コーナー手前で後続を引きつけ、直線を向くとまた突き放すという巧みな手綱さばきで押し切った。

 菜七子は「ずぶいイメージがありましたが、今日は気持ちが乗っていたのでスッと前へ行けました。このあたりはメンコを外した効果でしょう。最後までよく頑張ってくれたし、勝てて良かったです」と語った。

 これでJRA通算32勝目。増沢由貴子(旧姓=牧原)元騎手が持つJRA女性騎手最多勝記録の34勝まであと2とした。