【宝塚記念・後記】優勝ミッキーロケットの音無調教師「ひそかに狙っていた」

2018年06月25日 21時34分

ミッキーロケット(左)はワーザーの猛追をクビ差で退けた

 24日、阪神競馬場で行われた第59回宝塚記念(芝内2200メートル)は7番人気のミッキーロケット(牡5・音無)が優勝した。

 音無調教師は「GIメンバーが相手なので控えめにしていたが、春の天皇賞よりも状態が良かったのでひそかに狙っていた。ゲートを入念にした効果でスタートの不安がなくなっていたし、それが好位で競馬ができた今回の内容につながった。これで賞金面の心配がなくなったし、秋は京都大賞典(10月8日=京都芝外2400メートル)から大きなところを狙っていきたいと考えています」とコメントした。