【葵S】9番人気ゴールドクイーンが逃げ切り勝ちで初代覇者に

2018年05月26日 17時31分

ゴールドクイーン

 26日、テイエムオペラオー追悼競走として京都競馬場で行われた新設重賞・第1回葵ステークス(芝1200メートル)は、9番人気のゴールドクイーン(牝3・坂口)が逃げ切り勝ちで重賞初制覇を飾り、初代チャンピオンに輝いた。勝ち時計は1分08秒0。

 2着には同着で6番人気のラブカンプー(牝3・森田)と2番人気のトゥラヴェスーラ(牡3・高橋康)が入った。

 1番人気のアサクサゲンキ(牡3・音無)は5着だった。