武豊と障害歴代最強王者の合体実現! 重賞9連勝中オジュウチョウサン7・7福島で4年半ぶり平地出走へ

2018年05月24日 12時28分

平地レースに出走するオジュウチョウサン(右)

 障害重賞9連勝中の“絶対ジャンパー”オジュウチョウサン(牡7・和田郎)が今夏、平地レースへ出走するプランが明らかになった。約4年半ぶりの平地戦となるレースは、7月7日の福島競馬500万下・開成山特別(芝2600メートル)で、鞍上には武豊を予定。障害の歴代最強王者とトップジョッキーの夢のコンビが実現する。

「“平地での可能性を見てみたい”というオーナー(長山尚義氏=馬主名義はチョウサン)の意向で出走が決まりました。平地でまずは1勝して、その後の(大レースへの)出走権利を得るためのもの」と和田郎調教師。

 オジュウチョウサンの平地賞金は現状ゼロで、GIなどの大レースに出走するためには平地レースでの勝利が必須条件。まずは1勝することで、フルゲート割れするレースなら、平地GI出走の可能性も生まれてくる。「レースを見て今後のことは決めたい」と、あくまで結果次第になるが、障害王者が“二刀流”の走りを見せられるか、大いに注目を集めそうだ。