【ひと口馬主のススメ】ディオーサシチーの20 バランスに優れたルーラーシップ産駒

2021年07月30日 12時00分

ディオーサシチーの20

 クラブ所属馬への出資制度が多くの競馬ファンの支持を集めている。同制度はクラブが購入した競走馬の権利を分割し、出資馬の獲得賞金から手数料を差し引いて配当されるため、オーナーの気分が味わえると人気なのだ。とはいえ、初心者にはどのクラブが合うのかを判断するのが難しい。そこで今回は、競馬評論家の古谷剛彦氏がバッチリ指南――。有力クラブの期待馬をピックアップしてくれた。

【友駿ホースクラブ愛馬会】2歳世代は、地方募集のレアリゼシチー(牡2歳、川崎・高月)が900メートルで6馬身差と、スピードの違いを見せつけて新馬勝ちを収めた。エスポワールシチー×ディオーサシチーという、クラブゆかりの配合の勝利は、競馬のサイクルにおける醍醐味の1つだ。

 そのレアリゼシチーの半弟にあたるディオーサシチーの20(牡、父ルーラーシップ)は、腹構えや骨の節々がしっかりしており、迫力のある馬体。手塚師は「背中の良さが伝わる柔らかい動きは、ルーラーシップ産駒らしい特徴。バランスに優れ、今後の成長が楽しみな逸材」と高い評価を与える。馬体重は451キロ(6月末現在)。

 フルールシチーの20(牡、父ジャスタウェイ)は、芝短距離で5勝した母の2番仔。バクシンオー肌と言えば、キタサンブラックが思い浮かぶが、ハーツクライから流れる父系との配合で、距離の融通の可能性を感じる。「馬を大きく見せるタイプで、両親の良い部分を受け継いでいると思います。2歳秋からスピードを武器に大舞台を目指します」と、西園師はコメントしている。馬体重は395キロ(6月末現在)。

 当歳世代がラストとなるハーツクライ。希少価値の高い産駒となるオールオブナイトの20(牝、父ハーツクライ)は、ハーツクライ×キングカメハメハという配合に加え、3代母がシンコウラブリイという優秀な牝系。血統の魅力が詰まった上に、均整の取れた馬体は当然、クラシックを意識させる。「この母系を見て自分が手掛けたい思いが強くなりました。動きに柔軟さがあり、体形も芝の中距離でスピードとスタミナを発揮できそうな雰囲気です」と、相沢師も期待を寄せる。馬体重は340キロ(6月末現在)。

 初年度から重賞ウィナーを複数出し、2世代目も順調に活躍中のモーリス産駒から、ケープタウンシチーの20(牝、父モーリス)は、肩とトモの発達が素晴らしく、スピードに優れた馬に成長する可能性を秘める。プリンセスルーシーの20(牡、父リオンディーズ)は、良質な筋肉とバランスの良い骨格は、見る者を魅了する。

☆ふるや・たけひこ 競馬評論家としてグリーンチャンネル「馬産地通信」に出演するなど、北海道での取材活動を中心に数多くのメディアで活躍。

【関連記事】

関連タグ: