【ひと口馬主のススメ】ルージュルミナスはスピード秘めていそうな血統

2021年05月10日 12時00分

ルージュルミナス

 フジテレビONEの競馬番組「競馬魂」などに出演している變態馬券師組合理事長のオオタケにひと口馬主の魅力に加え、各クラブ馬の推しポイントも語ってもらった。ぜひ参考にしよう!

【東京サラブレッドクラブ】レッドの冠名でおなじみの東京サラブレッドクラブ。現3歳世代から牡馬は「レッド」、牝馬は「ルージュ」と区別されています。重賞活躍馬も多く輩出し、ひと口馬主ファン注目のクラブです。レッドリヴェール、レッドファルクスのGⅠ馬を皮切りに、記憶に新しいところでは先日の皐月賞ではレッドベルオーブが出走しています。社台ファーム、ノーザンファーム、日高有力牧場生産の良馬に出資できる点も魅力と言えます。

●ルージュルミナス

 ロードカナロア産駒でスピードは秘めていそう。全姉レッドシルヴァーナ(現役3勝)の活躍からも安定した活躍が期待できるとともに、芝・ダ兼用の使える条件幅の広さが出資への決断を助長します。

●ルージュリッシュ

 新種牡馬ドレフォンの未知の魅力に夢を見てみたいですね。ドレフォンが米BCスプリントを勝った実績から「ダートの短いところ?」と思われがちですが、血統背景からは芝の中距離から下ろしていきそう。この金額で出資できるのは今年が最後かも!と夢は広がります。「5月後半の入厩」を予定しており、馬体重も現時点で470キロ前後と牝馬としては十分すぎるほど雄大。

●レッドラパルマ

 現役時代ファンが多かったイスラボニータの初年度産駒です。父(もしくは母)が好きな馬というのも立派な出資理由。姉レッドアネラは堂々のオープン馬。父のような息の長い活躍と、こちらもファンが多いフジキセキの血も相まってよりスピード能力を受け継いでいそうです。

●ルージュヴィーヴル

 満口間近の一頭。ディープブリランテ産駒に替わったことで芝もダートも安定して走れそうな受け口の広さが魅力。仕上がりも早く、兄エクリリストワールの戦績からも人気に拍車をかけていそう。ご検討中の方、まだ間に合います!

●レッドゲイル

 言わずと知れたダートでの活躍が想像できるヘニーヒューズ産駒です。爪の状態がどうか? 不安に思う方が多くいると思いますが、本州へ移動してからコンディションは上がっているみたいですよ。父ヘニーヒューズで母父ダイワメジャーから想像するにムキムキ。ここからの成長分×手塚キュウ舎の手腕を想像するだけで自然と期待が高まります。

【関連記事】

関連タグ: