【2020年有力クラブ紹介=ひと口馬主のススメ】友駿ホースクラブ編

2020年05月07日 12時00分

プレザンサプライズの18

 クラブ所属馬への出資制度が多くの競馬ファンの支持を集めている。各クラブが購入した競走馬の権利を分割し、出資希望者が共同所有。レースの獲得賞金から手数料を差し引いた金額が分配される手軽さから人気となっている。ただ、初心者にはどのクラブが自分にマッチするのか判断が難しいのも事実だ。ということで、今回は競馬評論家の古谷剛彦氏が緊急講義。有力クラブの期待馬をピックアップしてもらった。

【友駿ホースクラブ】競馬ファンにはおなじみのタップダンスシチーやエスポワールシチーなど、芝、ダートのチャンピオンホースを出した友駿ホースクラブ。今年はスター候補が勢揃い。伝統のクラブに新たな風を吹き込もうとしている。

 プレザンサプライズの18(牡、父オルフェーヴル=美浦・相沢)は、ウインドインハーヘアにつながる母系の奥深さが魅力。父オルフェーヴル産駒も今年、ラッキーライラックが大阪杯を制し再ブレークを果たしている。育成先の吉澤ステーブルでは調教量を増やしても疲れを見せない体質の強さを披露。間隔を空けずに使えそうなのは出資者にはうれしいところだろう。4月中には本州への移動を視野に入れており、馬体重は4月20日現在で450キロ。

 ゴーンクレイジーの18(牡=栗東・高橋義)の半兄は芝で3勝を挙げたセイントバローズ。母系には大種牡馬が名を連ねる優秀なファミリーの出身だ。ヴィクトワールピサとの配合で、マキャヴェリアンの祖母にあたるレイズザスタンダードのクロスが実現。筋力の強さを生み出しており、考え抜かれた配合からは大物感が漂う。現在は日高町のヤシレーシングランチで育成中。3月以降は体力面の強化を図るべく負荷のかかる調教を施した結果、息遣いが格段に良くなっている。4月20日現在の馬体重は476キロ。

 プリンセスミユキの18(牡=美浦・奥平)はエイシンヒカリの初年度産駒。父のGIタイトルは香港→フランスとタフな海外での連勝だが、時計勝負にも対応できるスピードがウリの種牡馬だ。トモ高の体形からさらなる成長が見込める本馬は、4月上旬には浦河のジュウジデイファームから美浦近郊の西山牧場へ移動。ゲート練習も順調にこなしており、入キュウの日は目前だ。4月20日現在の馬体重は474キロ。

 ダイヤモンドギフトの18(牡、父フェノーメノ=栗東・北出)は“華麗なる一族”のイットーにつながる名牝系。北海道での育成をクリアし、3月下旬には信楽牧場に移っている。輸送による馬体減は4月20日現在で442キロまで回復。5月の遅生まれながら連休明けの入キュウが検討されるほど、ここまで順調な成長曲線を描いている。

 他ではアイシークレットの18(牡、父スズカコーズウェイ=美浦・伊藤圭)が面白い。母がダート短距離を2勝しており、スピード馬を多数出しているスズカコーズウェイとの配合は魅力たっぷり。岩手の遠野ステーブルで育成され、4月に入って調教量も着実に増えている。馬体重は465キロ(20日現在)。

◇ホームページ http://www.yusyun-hc.co.jp/