【2020年有力クラブ紹介=ひと口馬主のススメ】東京サラブレッドクラブ編

2020年05月07日 12時00分

プレミアステップスの18

 クラブ所属馬への出資制度が多くの競馬ファンの支持を集めている。各クラブが購入した競走馬の権利を分割し、出資希望者が共同所有。レースの獲得賞金から手数料を差し引いた金額が分配される手軽さから人気となっている。ただ、初心者にはどのクラブが自分にマッチするのか判断が難しいのも事実だ。ということで、今回は競馬評論家の古谷剛彦氏が緊急講義。有力クラブの期待馬をピックアップしてもらった。

【東京サラブレッドクラブ】レッドベルジュールがデイリー杯2歳Sを制し、レッドルレーヴはフラワーCで2着。さらに、1800万円とリーズナブルな募集価格だったレッドサーシャは2月のデビュー戦を豪快に差し切り、将来を嘱望されている。毎年のように注目株を送り出す東京サラブレッドクラブ。残りわずかとなった2歳馬も良血馬が顔を揃える。

 同クラブで出資受け付け中のディープインパクト産駒は3頭。中でもプレミアステップスの18(牡=栗東・音無)は15日現在で480キロと馬格に恵まれ、強い調教にも難なく耐えるタフさを兼ね備える。GⅠ・6勝のアイルランドの名馬ジャイアンツコーズウェイからスピードを受け継ぎ、アルザオの3×4のクロスが非凡な瞬発力を産出。社台ファームでの育成は目立ったトラブルにも見舞われず、順調そのもの。期待値の高さから満口まで目前となっており、出資は早い者勝ちだ。

 クラブゆかりの血統馬レッドシェリールの18(牝=美浦・加藤征)はカジノドライヴの忘れ形見。母系には仏・ヴェルメイユ賞などGⅠを3勝し、全欧3歳牝馬チャンピオンに輝いたマンデシャがおり、一本筋の通った血統は奥の深さを感じさせる。吉澤ステーブルで調教が進められ、筋肉がつくべきところについて日に日に馬体の厚みがアップ。馬体重は460キロ(4月15日現在)まで成長し、今からデビューが楽しみな逸材だ。

 カジノドライヴ産駒では坂東牧場で育成中のレッドセイリングの18も外せない。母系は米国産で固められたパワー重視の血統背景で、いかにもダートが向きそう。こちらも4月15日現在462キロと馬格に恵まれており、日々の調教も順調にこなしている。2頭のカジノドライヴ産駒の募集価格は1400万円(ひと口3万5000円)。財布に優しい価格で、手軽に出資を始めたい人にオススメだ。

 ジェイムの18(牝=美浦・小島)は、叔父に香港ヴァーズ馬サトノクラウンがいる持ち込み馬。父のファストネットロックはオーストラリアでリーディングサイアーに2度輝いたデインヒル系の種牡馬で、日本の馬場にも適応力がある。昨年9月に行った骨片除去手術の経過も良好で、秋に照準を合わせてピッチを上げている。

 レッドソンブレロの18(牡=栗東・須貝)は募集を終了しているが、クラブでは世代最初に栗東に入厩し、3月末にはゲート試験に合格。現在はノーザンファームしがらきに放牧に出され、早期デビューを目指して本格的な調教が進んでいる。

◇ホームページ https://www.tokyo-tc.com/top.html