【名古屋大賞典】地元カツゲキキトキト“逃げ切り”Vに期待

2018年03月24日 12時00分

昨年3着の雪辱を期すカツゲキキトキト(写真提供=愛知県競馬組合)

【名古屋大賞典(29日、名古屋競馬場1900メートル)】29日に名古屋大賞典が行われます。過去の勝ち馬にはスマートファルコンやホッコータルマエなどそうそうたる名馬が名を連ねる一戦です。

 データを見ると過去10年で1番人気馬は6勝、2着3回と連対率は90%。馬券に絡んだ30頭全てが6番人気以内で、3連単の平均配当が2928円ということを考えても、馬券は買い目を絞って勝負をしたいですね。また、1〜4枠の馬が10頭に対して、5〜8枠が20頭と、比較的外めの枠に入った馬が活躍する傾向にあり、枠順にも注目したいところです。

 私の注目は地元・名古屋のカツゲキキトキト! 名古屋1400メートルの前走・アクアマリンオープンは他馬からのマークをもろともせず、2着以下に4馬身差をつける圧勝。昨年12月以来のレースでしたが、行きっぷりも良く、久々を全く感じさせない内容でした。一度使われて、距離が延びる点も好材料です。名古屋競馬は4コーナーからゴールまでの直線が194メートルと短く、過去10年の名古屋大賞典でも、昨年のケイティブレイブを含む4頭が逃げ切り勝ち。カツゲキキトキトらしく、いつも通りの先行力を生かした競馬で、昨年3着の雪辱を果たしてほしいですね。地元での悲願のダートグレード初制覇に期待します。

 JRA勢からも昨年のジャパンダートダービー2着馬サンライズソアなど、豪華メンバーが集結する名古屋大賞典。今年度ラストのダートグレードにぜひご注目ください!

(タレント・津田麻莉奈)

★今後の重賞
25日 帯広・ばんえい記念
    高知・土佐春花賞
28日 大井・京浜盃
    名古屋・中京ペガスターカップ
29日 名古屋・名古屋大賞典 
31日 佐賀・開聞岳賞

※次回掲載日は4月8日

◇楽天競馬ホームページ
https://keiba.rakuten.co.jp/