【ばんえい記念】オレノココロ連覇への態勢整った

2018年03月23日 18時00分

連覇に向けて態勢十分なオレノココロ

【ばんえい記念(25日、帯広競馬場)ばんえい記念は1トンの重量を引く馬の力と騎手の技、そして駆け引きを最大限に堪能できる、ばんえい競馬最大の祭典。その称号は関係者なら誰もが望む最高峰に位置している。

 昨年、初挑戦で頂に上り詰めたオレノココロが連覇を目指す。直線を豪快に伸びて勝った昨年は異次元の強さを見せ、歴代王者以上のパフォーマンスだった。今季の重賞勝ちは3勝にとどまっているが、4度の敗戦はいずれも障害でヒザを折るミスが致命傷となったもの。重量が軽く時計の速い重賞ではヒザの甘さを突かれるが、1トンを引くここなら昨年同様に何度も折りながらでも直線で十分巻き返せる。連覇達成に態勢は整った。

 偉業に待ったをかけるのはコウシュハウンカイだ。これまでは常にオレノココロの陰に隠れる形だったが、今季は高重量戦でことごとくライバルに先着し立場を逆転して臨んでくる。過去ばんえい記念は3→5着。だが、堂々の主役を張れるまでに成長した今回は、初戴冠に向け前途洋々といったところだ。

 同じ8歳世代からサクラリュウが2度目の挑戦を表明してきた。昨年は早めに障害を抜け出しながら直線で大きく失速した6着に沈んだが、好調を維持して臨んでくる今回は軽視禁物。ばんえい記念最多勝利騎手でもある金山明調教師の手腕に注目したい。

 来年度いっぱいでの種牡馬転身がささやかれるニュータカラコマにとって、最強馬決定戦ともいえるばんえい記念は是が非でも欲しいタイトル。一昨年の覇者フジダイビクトリーも攻め馬強化で復権を期している。

★今後の重賞

25日 帯広・ばんえい記念
    高知・土佐春花賞
28日 大井・京浜盃
    名古屋・中京ペガスターカップ
29日 名古屋・名古屋大賞典 
31日 佐賀・開門岳賞

◇楽天競馬ホームページ
https://keiba.rakuten.co.jp/