【兵庫チャンピオンシップ】テーオーエナジー初挑戦で重賞初制覇

2018年05月03日 18時33分

 園田競馬で3日、交流GII「兵庫チャンピオンシップ」(ダート1870メートル)が行われ、1番人気のJRAテーオーエナジー(牡3・宮)が先行2騎を直線で並ぶ間もなく差し切り、初挑戦で重賞タイトルを手に入れた。勝ち時計は2分00秒0(稍重)。

 

 重賞初制覇へと導いた岩田康誠騎手はこれで同レース4勝目。「トモを落としてハナへ行けなかったが、道中は息も入っていい感じで進めた。素直な馬で一戦ごとに良くなっている。馬格もあるし賢い馬。大きなところを狙える馬だよ」とさらなる飛躍を誓った。

★2着ビッグスモーキー(JRA)=浜中騎手「思い切って行ったけど、結構来られたからね。このメンバーで2着なら悪くない」

★3着キャベンディッシュ(JRA)=M・デムーロ騎手「返し馬からイレ込んでたし、スローで折り合いにも苦労した。その分伸び切れなかった」

★4着ワークアンドラブ(JRA)=田中学騎手「最後は寄ってきたが、2周目3コーナーで気の悪さを出して置かれたのが痛い」

★5着メイショウヒサカ(JRA)=池添騎手「先行力があるし、それなりに距離もこなせそう。最後はバテたが、牡馬相手によく走っている」