【3歳クラシック指数・牡馬編】青葉賞Vゴーフォザサミットは77 圏外から9位タイに浮上

2018年05月02日 21時31分

3歳クラシック指数

【3歳クラシック指数・牡馬編(青葉賞、4月28日=東京芝2400メートル)】2着馬まで5・27日本ダービーの優先出走権が与えられるトライアルを制したのは名門・藤沢和級舎のゴーフォザサミット。道中は中団のインでじっくりと待機し、直線で外に出されると、上がり34秒1の末脚で2馬身突き抜けた。勝ち時計2分24秒4は過去10年で4番目とまずまず。指数74でランク入りしていた6着サトノソルタス(指数72へ)や8着ダノンマジェスティ(ランク外へ)あたりを問題にしなかった内容からも、相応の評価が必要だろう。圏外から一気の浮上となる指数77を進呈。

 エタリオウ(友道)はこれで4戦連続の2着。堅実さは買えるが、勝ち馬との2馬身は決して小さくない着差だ。指数73でランク入りはさせるが、上位との差は大きい。