【香港GIクイーンエリザベスII世C後記】5着アルアイン 海外遠征に課題

2018年04月30日 21時01分

【香港・シャティン29日発】日本馬3頭が出走した香港チャンピオンズデー(シャティン競馬場)は、GIチェアマンズスプリントプライズ(芝1200メートル)に参戦したファインニードルが収穫の多い4着に対し、日本で馬券が発売されたGIクイーンエリザベスII世カップ(芝2000メートル)はアルアインが5着、ダンビュライトが7着に敗れ、昨年のネオリアリズムに続く日本馬の連覇はならなかった。地元馬の強さを改めて見せつけられた形だ。

 クイーンエリザベスII世カップは、注目の逃げ馬タイムワープをダンビュライトが追いかける展開。アルアインが直後に構えて積極的に運んだが、道中のラップ以上に息が入らない流れに。中団で手応え良く運んだパキスタンスター(せん5・Aクルーズ厩舎)が直線半ばで前を捕らえると、後続を3馬身引き離す完勝劇。昨年(ネオリアリズム)に続く日本馬の勝利はならなかった。

 5着に敗れたアルアインのC・デムーロは「先行馬の直後で道中は完璧なレース運び。それでも前を捕まえないといけない場面で気難しい面を見せていた」と力を出し切れなかったことを悔やんだ。

「4コーナーで追い出した時に走るのをやめるしぐさを見せていた。どの環境でも普段通りの調教ができるようにしないとね。このあとは休養に入れて再び能力を出せるようにメンタルを矯正して、また香港に戻ってきたい」とは池江調教師。今後に課題を残す結果になった。

 また、7着のダンビュライトに騎乗したT・ベリーは「道中はいい感じだったが、最後は走りがワンペースになってしまった」と振り返った。