【かきつばた記念】サクセスエナジーが重賞初挑戦初制覇

2018年04月30日 17時16分

サクセスエナジー

 30日、名古屋競馬場で行われた交流GIIIかきつばた記念(ダート1400メートル)は、3角で仕掛けた2番人気のJRAサクセスエナジー(牡4・北出)が1番人気のJRAキングズガード(牡7・寺島)の猛追をしのいで、初挑戦で重賞タイトルを手にした。勝ち時計1分25秒9(良)。

 3着には9番人気のサンライズメジャー(牡9・浜田)が入り、JRA勢が上位を独占。前年覇者で兵庫のトウケイタイガー(牡7・住吉朝)は直線失速し10着に沈んだ。

 恵量54キロとハンデの利を最大限に生かしての会心Vに、鞍上の松山は「早め先頭でしたが、追撃をよくしのいでくれました」と、してやったりの表情。「これからまだまだ強くなると思いますよ」とさらなる飛躍を誓った。