柴田善騎手が愛車ガヤルド公開

2013年02月09日 16時00分

「め、めっちゃ、かっこええ~」

 有名人の愛車、名車、迷車?を星の数ほど見てきたおぎやはぎ(小木博明、矢作兼)も仰天の声!

 BS日テレ「おぎやはぎの愛車遍歴」(毎週水曜夜10時)の収録がこのほど、神奈川県海老名市の海老名ドライバーズスクールで行われた。今回のゲストはおなじみのJRA・柴田善臣騎手(46)。昨年、GⅠエリザベス女王杯でレインボーダリアを鮮やかな手綱さばきで優勝に導いた名ジョッキーが、華麗なる名車所有歴を披露した。

 司会のおぎやはぎも脱帽の絶妙トークでスーパーカー遍歴と多趣味ぶりを明かした後に登場したのは、目下の愛車「ランボルギーニ・ガヤルド」(価格数千万円)。スペインの闘牛飼育家の名前に由来する、シャープなラインを持つ世界的人気モデルだ。

「売りに出すときはひと声を」と小木が虎視眈々と奪取をもくろめば、矢作も「この車が目の前にあれば、酒が何杯でも飲めるな」とウットリ。一方の柴田善は「すごく運転しやすいんだ。これでコンビニへ買い物に行っているしね」とデキのいい相棒に満足げだった。放送は今月27日(水)の予定。

 

山本昌 自慢の“幻のランボルギーニ”で登場

年俸3000万円の山崎武司が8500万円ランボルギーニ購入