【マイラーズC】ヤングマンパワー 岩田との新コンビで善戦マン返上だ

2018年04月19日 21時33分

岩田騎手と初コンビを組むヤングマンパワー

【マイラーズC(日曜=22日、京都芝外1600メートル=1着馬に6・3安田記念優先出走権)美浦トレセン発秘話】ビッグレースになるほど、馬より人の役割が占める比重が大きくなる。改めてそれを感じさせたのが、エポカドーロが制した先週の皐月賞だ。

 デビューから最速上がりは皆無。そんな同馬の決め手不足を、鞍上・戸崎圭太は位置取りで補った。先行する3頭を無視し、決め手ある後続を真っ先に殺しに行くペース配分。それが10馬身以上の隊列の分断を生み、ライバル15頭を支配する流れをつくった。見事というほかない。

 さて、人の比重という意味で今週注目しなければならないのは、マイラーズCに出走するヤングマンパワーも同様である。

「持ち味はスピードの持続力。それゆえに大負けがない半面、スパッと切れる脚もない。そこで毎回ポジショニングと展開がカギになるんだ」

 森信次郎厩務員の言葉通り、昨年はGIを除く重賞4戦で6→3→4→5着。その最大着差0秒4と常に接戦を演じながらも、善戦マンから脱却できない現状が続いてきた。前出エポカドーロ同様、ひと工夫が必要なタイプであろう。そして今回のキーパーソンが初コンビを組む岩田康誠となる。

「当たりの柔らかい石橋から馬を動かすタイプのジョッキーに替わって、新味が出てくれるといいんだけどね。典型的な夏馬だけど、気温の上昇につれ毛ヅヤも良くなり、3着した昨年と変わりないデキで出せそうなので」(同厩務員)

 一昨年のGIII富士S以来、勝利から遠ざかること1年半。すでに馬名が似つかわしくない年齢(6歳)になったが…。実は昨年と異なる2つの状況が変身の期待を大いに高めている。

「致命的でないにせよ、ずっとノド鳴りを抱えてきた馬。それがマイルCS後に手術をしたことで、中間は調教でも音がしなくなっている。さらに栗東に滞在する今回は、長距離輸送による馬体減りの不安も軽減。これで最後の踏ん張りが変わってこないかな」と森さん。ちりばめられた様々な人のサポートが“オールドマン”に新たなパワーを注ぎ込むのだろうか。

 ちなみに今週まで栗東に居残る桜花賞5着馬マウレアに関しては「レース後すぐに馬体が回復していい雰囲気。戸崎、武豊の両ジョッキーがオークス向きと口にすることに可能性を感じている」とのこと。まずはマイラーズCで好結果を、そして来週美浦で笑顔の再会となれば幸いである。