【皐月賞】ワグネリアン福永“17度目の正直”へ

2018年04月13日 00時00分

【皐月賞(日曜=15日、中山芝内2000メートル)ミニデータ】ワグネリアンの手綱を取り続けている福永祐一(41)はクラシックを6勝しているが、皐月賞はこれまで〈0・4・2・10〉。2着は1998年キングヘイロー、2012年ワールドエース、13年エピファネイア、15年リアルスティールと4度。

 17度目で戴冠なるか注目。ちなみに過去16回で1番人気は一度もない。なお、グレード制導入の84年以降、弥生賞2着馬は86年ダイナコスモス、93年ナリタタイシン、98年セイウンスカイ、00年エアシャカールと皐月賞を4勝している。