桜花賞爆勝アーモンドアイ「ダービー挑戦」の可能性は?

2018年04月12日 21時33分

「桜花賞」で直線ごぼう抜きのパフォーマンスを見せたアーモンドアイ(左)

【美浦トレセン発秘話】勝利の瞬間、現在メジャーリーグを席巻する大谷翔平の姿が頭に浮かんだ。何かといえば、桜花賞を圧倒的脚力で制したアーモンドアイの話である。

 片や二刀流、片やシンザン記念からのぶっつけ参戦。共通するのは過去に前例のない挑戦ということ。恥ずかしながら印は▲。大谷を当初酷評した米メディア同様、当方もアーモンドアイの成功には懐疑的だった。野球と並行し、競馬もスペシャリストが求められる分業制の時代。確たる方向性が見えないローテーションで、王道路線を崩すのは容易ではないと判断したものの、結果は完勝…。週明けの美浦で国枝栄調教師は鼻高々だったが、その会話の中で、とんでもない見込み違いをしていたことを思い知らされた。

「驚いたのは今回も上がってきて、息の乱れがなかったことだね」

 直線ごぼう抜きのパフォーマンスもさることながら、トレーナーを感嘆させているのは、その都度見せる管理馬の涼しげな表情。既存の物差しで測ること自体がナンセンス。そんな器なのかもしれない。

「デビュー戦でも腹帯を締めようとした瞬間、オレの手を後肢で蹴りにきたんだ。子馬なら後肢で耳をかくほど体が柔らかいけど、普通は2歳になれば硬くなるもの。おそらく桜花賞の直線でちょくちょく手前を替えたのも、その特有の柔らかさからくるものだと思う」

 圧倒的な排気量と柔軟性。これぞ大谷翔平との共通項かもしれないが、パイオニアたる使命も実は、これからが本番という気がする。なぜなら「ひょっとして今年が国枝厩舎最大のダービーチャンスかも」と話を振ると、まんざらでもない言葉が返ってきたからだ。

「オレが決められるもんなら、自分で追加登録の200万円をすぐ払っちゃうけどな(笑い)。今後の状態も見つつ牧場やオーナーサイドで決めることになるだろう。でもなあ…。もしオウケンムーンが皐月賞でいい競馬をするなら、稽古でこれを圧倒するアーモンドアイは…って考えちゃうだろうな」

 さらに記せば、トレーナーがひそかに抱く妄想(?)は、これにとどまらない。周辺取材すれば、ダービー→凱旋門賞制覇が本当の夢のようにも映ってくる。もっとも、GIを1つ勝ったばかり。現時点では、すべて夢の途中にすぎないが…。陣営が目標に掲げる「トリプルクラウン」が牝馬クラシック戦線ではなく世界の戦線でも、もはや驚かない準備はできている。