【皐月賞】グレイル「中山の二千はトリッキーなコースなのでこの馬にはどうだろう」

2018年04月09日 20時44分

【皐月賞(日曜=15日、中山芝内2000メートル)注目馬最新情報:栗東】グレイルの1週前追い切りはウッド6ハロン80・9―37・5―12・1秒。古馬を1秒ほど追走し、楽な手応えでクビ差先着。弾力のある動きで上積みが感じられる。

 野中調教師「前走(共同通信杯=7着)後に疲れがあったけど、状態はだんだんと良くなっている。いい時の迫力まではないけど、時計も出ているからね。ただ中山の二千はトリッキーなコースなのでこの馬にはどうだろう」