【桜花賞】チューリップ賞の2着馬マウレアに“吉兆”データ

2018年04月05日 23時00分

【桜花賞(日曜=8日、阪神芝外1600メートル)ミニデータ】チューリップ賞が重賞となった1994年以降、同レース優勝馬の桜花賞Vは2001年テイエムオーシャン、09年ブエナビスタ、14年ハープスターの3頭。

 対して2着馬の桜花賞Vは1994年オグリローマン、2003年スティルインラブ、07年ダイワスカーレット、10年アパパネ、16年ジュエラーの5頭。データ的には今年のチューリップ賞で2着だったマウレアに分がある。

 ちなみに鞍上の武豊は桜花賞でトップの5勝(1989年シャダイカグラ、93年ベガ、94年オグリローマン、98年ファレノプシス、2004年ダンスインザムード)という“桜花賞男”だ。