【桜花賞】フィニフティ 素軽いフットワーク「潜在能力は間違いなく高い」

2018年04月04日 21時01分

【桜花賞(日曜=8日、阪神芝外1600メートル)注目馬4日最終追い切り:栗東】フィニフティはウッドで単走。リラックスした様子で直線を向くと素軽いフットワークでひと伸び。好時計をマークした(5ハロン67・5―37・5―12・2秒)。

 藤原英調教師「馬なりでいい動きだった。完成はまだ先だが、潜在能力は間違いなく高い。それをどう引き出すかだね」