【阪神牝馬S】ソウルスターリング 3頭併せで1馬身先着「パワーアップし気持ちに前向きさも出ている」

2018年04月04日 20時17分

【阪神牝馬S(土曜=7日、阪神芝外1600メートル=1着馬に5・13ヴィクトリアマイル優先出走権)注目馬4日最終追い切り:美浦】ソウルスターリング(写真右)はルメールを背に南ウッドで同厩2頭と併せ馬。4コーナーで内に潜ると、直線はシャープな身のこなしで楽々1馬身先着。昨秋以来の休み明けだが、態勢はきっちり整った。

 千島助手「帰厩当初は毛ヅヤがひと息でしたが、徐々に体調アップ。古馬になって馬がしっかりして、パワーアップした印象ですね。気持ちに前向きさも出ているので、距離が短くなるのも問題ないでしょう。牝馬同士の一戦ですし、リズムよく運んでいい結果を」