【桜花賞】ラッキーライラック「多頭数だけにモマれるのだけは避けたい」

2018年04月03日 21時05分

【桜花賞(日曜=8日、阪神芝外1600メートル)注目馬3日朝の表情:栗東】無敗の女王ラッキーライラックは、ウッドをキャンターで2周。全休明けのいつものメニューを消化した。陣営は気配の良さをアピールし、鞍上の石橋にも全幅の信頼を寄せた。

 松永幹調教師「リラックスしてリズム良く走っていました。1回使って精神的に強くなっているし、冬毛も抜けて体調はいいですね。瞬発力があって、小脚を使えるのがいいところ。早く抜け出すと目標になってしまうので、前を見る形で進めてくれれば、と思っています。ただ多頭数だけにモマれるのだけは避けたいですね。あとはぜひ良馬場でやりたい。(4戦すべての手綱を握っている石橋に)自信を持って乗ってくれるのは頼もしいですし、心配はしていません」