【桜花賞】リバティハイツ「乗りやすさは大きな武器になるし、恥ずかしい競馬にはならない」

2018年04月03日 21時04分

【桜花賞(日曜=8日、阪神芝外1600メートル)注目馬3日朝の表情:栗東】チューリップ賞組より下に見られることが多いフィリーズレビュー組だが、今年の覇者リバティハイツ陣営は猛反発。発する言葉も最後まで力強かった。

 高野調教師「世間的な評価は低めなんでしょうけど、結構ハードなレースでしたし、そこは評価していいと思います。まだ冬毛は抜けてきていませんが、体調自体はいいですし、馬混みを気にしない、乗りやすさは大きな武器になる。恥ずかしい競馬にはならないと思います」