【桜花賞】リリーノーブル「馬体は引き締まっているし、前走以上の状態でレースに臨める」

2018年04月02日 21時04分

【桜花賞(日曜=8日、阪神芝外1600メートル)注目馬最新情報:栗東】リリーノーブルの1週前追い切りは坂路4ハロン52・3―38・1―12・1秒は閉門迫る荒れ馬場での時計。追い出されての反応は鋭く、ビシッと一杯に負荷をかけられた点も評価できる。

 藤岡調教師「久々を使ってガス抜きができた。今はゆったりと乗れている。中間は道中でためて、しまいではじける調教を続けている。馬体は引き締まっているし、前走(チューリップ賞=3着)以上の状態でレースに臨める」