【ドバイ国際競走】シーマC出走レイデオロ ルメール「すごくいい状態で何の心配もない」

2018年03月29日 16時30分

ルメールを背にレイデオロは本馬場を快走した

【UAE・ドバイ28日発】前日に最終追い切りを行ったサトノクラウン、ネオリアリズム、アキトクレッセント(GIIゴドルフィンマイル)を除いた11頭の日本馬がこの日、無事に追い切りを済ませた。

 ドバイシーマクラシックに出走するレイデオロはルメールが騎乗しての本馬場(芝)追い。6ハロン標識を過ぎてから徐々に加速し、直線では沈み込むような、この馬本来のフットワークで馬なりのまま軽快に駆け抜けた(6ハロン84・8―12・5秒)。決して強度の高い追い切りではなかったが、仕掛ければ一気に伸びそうな雰囲気。申し分のない仕上がりだ。

「すごくいい状態。(京都記念の前に)美浦で乗った時に比べてコンディションはアップしている。芝もこの馬にはちょうどいい感じがしたし、ドバイは難しくはないコース。何も心配していない。いっぱい自信があります」とルメール。

 前回(京都記念=3着)は自身の騎乗停止で手綱を握れなかったパートナーから伝わる好感触に笑みがこぼれた。

 ドバイターフ連覇を目指すヴィブロスはディアドラとともにダートでハッキングの後、芝に移動しての単走追い。しまい重点に末脚を伸ばし、5ハロン70・8―11・9秒をマークした(ディアドラは70・1―11・8秒)。

 友道調教師は「予定通りしまいだけ。動きを見ても具合は良さそうですね。昨年は半信半疑だったけど、今年は昨年の実績に加え、馬自身もパワーアップしている」と手応えを口にした。

 一昨年の覇者で、昨年は鼻出血のため現地入り後に無念の出走回避となったリアルスティールはダートを単走馬なりで4ハロン53・8―12・1秒。その後は前日に続いて装鞍所とパドックをスクーリングした。

「状態はとてもいいんじゃないかな。手前の替え方や走り方、息の入りも良かった。放牧帰りでどこまで(状態を)上げられるかと思っていたが、ドバイが好きなのか、普段のテンションからして機嫌がいい」と矢作調教師。

 他ではモズカッチャン(ドバイシーマC)が芝単走で6ハロン80・7―11・8秒と意欲的に追われたほか、クロコスミア(ドバイターフ)はダート単走で4ハロン52・4―11・9秒をマークするなど、各馬順調な調整ぶりだ。