【大阪杯】スワーヴリチャード盤石 ウッドラスト12・2秒にミルコ「成長してパンパンでムキムキ」

2018年03月28日 21時03分

【大阪杯(日曜=4月1日、阪神芝内2000メートル)注目馬28日最終追い切り:栗東】スワーヴリチャードはM・デムーロを背にウッド6ハロンから単走追い。序盤はゆったりしたペースで折り合いを確認しながら直線へ。

 中2週の疲れを感じさせない素軽い走りでスピードに乗ると、キッチリ手前を替えて直線を駆け抜けた。最後まで余力残しながらフォームは柔らかく、そして力強い。6ハロン83・2―67・5―53・0―39・9―12・2秒。ラスト1ハロンの時計が見た目以上に速かったのは、それだけ体調がいい証拠だろう。

 M・デムーロ騎手「馬なりでとても良かった。すごくいい状態、いい感じ。落ち着きもありました。体も初めて乗ったときからずっと成長しています。パンパンでムキムキですね。(今回の舞台・阪神2000メートルについても)僕は(回りの)右、左は気にしていません。有馬記念の時は外々を回らされる形になり、直線の坂もあってモタれてしまいましたが、手前を替えるのは上手でした」

 庄野調教師「予定通りの追い切りができた。先週しっかり時計を出しているので、今朝は気持ちよく走らせてほしいとジョッキーにお願いした。それでもレース後の回復が早かったので、前回(金鯱賞)の最終追いよりは強めにやることができた。使ったことで体もドッシリしてきた」