【大阪杯】トリオンフ 軽快なフットワーク「デキは文句のつけようがない」

2018年03月28日 20時43分

【大阪杯(日曜=4月1日、阪神芝内2000メートル)注目馬28日最終追い切り:栗東】トリオンフは坂路で単走。先週までにビッシリやっているため手控えた内容も、軽快なフットワークで好調をしっかりとキープ(4ハロン55・1―12・7秒)。

 須貝調教師「先週までに負荷をかけたのでこれで十分。デキは文句のつけようがない。力をつけているのでこのメンバーでも楽しみ」