【桜花賞・1週前追い】2歳女王ラッキーライラック ウッドラスト11・5秒で先着「いい動き」

2018年03月28日 20時02分

【桜花賞(4月8日=日曜、阪神芝外1600メートル)注目馬28日1週前追い切り:栗東】トライアルのチューリップ賞で無傷の4連勝を飾った2歳女王ラッキーライラック(写真手前)はウッド6ハロンから併せ馬。2秒近く後ろを追走する形で4角手前から進出。一気に差を詰め、直線で内から抜き去って先着を果たした。

 最後までしっかりとした脚取りで、82・5―66・2―51・4―37・9―11・5秒の好時計をマーク。陣営も万全の態勢をアピールした。

 松永幹調教師「1週前しっかりと追い切るのは、いつも通り。いい動きでしたね。今回は初めて在厩したままレースに向かう形ですが、その分、調整もやりやすく、冬毛も抜けて良くなってきた感じです」