【桜花賞・1週前追い】アーモンドアイ 1馬身半先着「強い馬が揃うけど、この馬も切れ味は魅力」

2018年03月28日 20時01分

【桜花賞(4月8日=日曜、阪神芝外1600メートル)注目馬28日1週前追い切り:美浦】東の主役アーモンドアイ(前走シンザン記念勝ち)は、濃霧で完全に視界が遮られた南ウッドで意欲的な併せ馬。先行するダノングレース(3歳500万下)、オウケンムーン(3歳オープン)を目標に5ハロンからスタートし、併せた直線は馬なりのまま楽々と1馬身半先着した(計時不能)。陣営は順調な調整過程をアピールした。

 国枝調教師「動きは見えなかったけど、直線でスッと抜けたらしく、乗り手の感触も良かった。勝ったシンザン記念と同様にきているんじゃないかな。放牧を挟んでキ甲が抜けて、馬体にも伸びが出てきた。来週の追い切りはルメールに乗ってもらう予定。強い馬が揃うけど、この馬も切れ味は魅力。どこまでやれるかだね」