高橋真麻 結婚は「ドレスが似合う39歳までにしたい」

2018年03月28日 13時03分

イベントに出席した高橋英樹(左)、真麻親子

 俳優・高橋英樹(74)、フリーアナウンサーの高橋真麻(36)親子が28日、東京・千代田区のKITTEで開催中の「新メガビューティ」体験イベント(ナリス化粧品主催、29日まで)に出席した。

 2人はそれぞれパイロット、CAの制服姿で登場。あけすけな本音トークで人気の真麻は、この日も「旅行に行くとお通じが悪くなることがあるので、ヨーグルトはいい」「口を開けて寝てしまうので、父からは『最悪、ヨダレが垂れてもいいので、下を向いて寝なさい』と言われている。だから、飛行機に乗る際はフード付きネックピローで顔を隠して寝る」と自由奔放にプライベートを語った。

 歌、トーク、グルメと幅広い守備範囲を誇り、テレビに引っ張りだこの真麻は、かねて「交際中の彼と東京五輪までには結婚したい」と公言しており、この日は「ドレスが似合ううちに(嫁に)行きたいとは思う。39歳までには結婚したい」と乙女心を口にした。

 その一方、「彼とは一緒に旅行に行ったりしているが、実は彼氏がいないんじゃないかという説もある」と“行き遅れ”の自虐ネタで笑いを誘った。

 これに対し、父の英樹は「五輪までにはとは言わず、タイミングが合えば私は明日でもかまわない。好きなようにさせているので」と、娘が早く身を固めてくれることを願った。