【高松宮記念・後記】8着レッドファルクス 尾関調教師「あの位置からでは…」

2018年03月26日 21時31分

8着に敗れたレッドファルクス

 25日のGI第48回高松宮記念(中京芝1200メートル)で1番人気に支持された昨年の最優秀短距離馬レッドファルクスは8着に敗れた。

 スタートは普通に出たが、道中はどんどん位置を下げて3角ではブービーポジション。直線は上がり最速(33秒7)で追い上げたが、さすがに位置取りが後ろ過ぎた。

「スタートしてから進まなかったし、3~4角も手応えが悪かった。直線は行く道がなかったしね。ラストは伸びたけど」とM・デムーロ。

 尾関調教師は「外から押し込められて位置取りが悪くなりました。直線はよく伸びましたが、さすがにあの位置からでは厳しい」。

 今後は馬の様子を見ながら決められる。