【桜花賞登録馬】4戦無敗ラッキーライラックに死角なし

2018年03月26日 11時30分

桜花賞登録馬

 第78回桜花賞(4月8日=阪神芝外1600メートル)の登録馬が25日、JRAから発表された(別表)。フルゲート18頭で現時点では賞金1100万円の3頭が抽選対象になっている。

 主役はもちろん、4戦無敗の最優秀2歳牝馬ラッキーライラック。昨年暮れから10キロ増と馬体がひと回り成長した前走のチューリップ賞では2着に2馬身差の完勝。死角らしい死角も見当たらず、04年ダンスインザムード以来となる無敗の桜花賞馬誕生に期待がかかる。

 稍重のシンザン記念で上がり3ハロン34秒4という次元の違う末脚で快勝したのはアーモンドアイ。トライアルを使わず、本番直行で打倒ラッキーライラックを目指す。

 チューリップ賞2着のマウレアは2013年の桜花賞馬アユサンの全妹。このレースを目標にデビューから一貫してマイル戦を使われてきたのは好感が持てる。同3着のリリーノーブルは阪神JFの2着馬。ひと叩きされたことで2度負けている女王にどこまで近づけるか。

 ほかにもフェアリーSを快勝したプリモシーン、フィリーズR勝ちのリバティハイツなど伏兵陣は多彩。熱い戦いが繰り広げられそうだ。