【高松宮記念】レッドファルクス「今年は違った結果が出せるようにやってきたつもり」

2018年03月22日 21時03分

【高松宮記念(日曜=25日、中京芝1200メートル)注目馬2日朝の表情:美浦】昨年の最優秀短距離馬レッドファルクスは、そぼ降る雨を気にもせず、厩舎周りの運動を行った。陣営は手応え十分に大きな期待を寄せた。

 尾関調教師「最終追い切り(21日)ではしっかり負荷をかけられた。すべてが思い通りではないが、ぶっつけのGI出走だった昨年(3着)より、いい調整ができたのは確か。昨年は人気に応えられなかったが、今年は違った結果が出せるようにやってきたつもり。いろんな馬場で走ってきた馬だし、頑張ってくれると思います」