【日経賞】ゼーヴィント 重苦しさを解消し3頭併せで最先着

2018年03月21日 20時43分

【日経賞(土曜=24日、中山芝内2500メートル=1着馬に4・29天皇賞・春優先出走権)注目馬21日最終追い切り:美浦】昨秋の七夕賞V後に骨折で休養していたゼーヴィントは南ウッドで3頭併せ。両馬の真ん中から半馬身抜け出して堂々の最先着を果たした(4ハロン53・5―39・0―12・5秒)。まだ良化の余地を残しているが、先週までの重苦しさは解消してきており、体にそれほど太め感もない。

 木村調教師「休み明けでも体調そのものはいいし、帰厩後は順調に調整できた」