【黒船賞】単勝234・3倍エイシンヴァラー 史上2頭目「地方馬V」の快挙達成!

2018年03月20日 17時58分

重賞初制覇を飾ったエイシンヴァラー(右)

 20日、高知競馬場で行われた交流GIII「黒船賞」(ダート1400メートル)は、9番人気の伏兵・兵庫のエイシンヴァラー(牡7・新子)が3頭横並びの接戦をゴール前きっちり差し切って重賞初制覇。第1回のリバーセキトバ以来、史上2頭目の地方馬Vの快挙を成し遂げた。勝ち時計は1分27秒2(不良)。

 単勝234・3倍の大波乱を演出。大金星の下原理は「掲示板が目標だったが、それ以上に馬がこたえてくれた。大先輩の岩田さんをやっつけて気持ちが良かった」とファンを笑わせた。

★2着=JRAキングスガード(1番人気)藤岡佑騎手「4角で進路がなく、内を通らざるをえなかった」

★3着=浦和ブルドックボス(2番人気)岩田康騎手「押し切れると思ったが…。不良馬場は得意じゃないのかな」

★5着=JRAグレイスフルリープ(3番人気)武豊騎手「気性が難しいからハナに行ったが、3角でブレーキをかけてしまった」