【ドバイ国際諸競走】リアルスティール 坂路で好時計「稽古を重ねるごとに良くなってきている」

2018年03月15日 21時02分

【ドバイ国際諸競走(31日=土曜、メイダン競馬場)注目馬15日国内最終追い切り:栗東】一昨年のドバイターフ覇者リアルスティール(牡6・矢作)は坂路でラストは目一杯に追われ、4ハロン51・1―12・4秒の好時計。

 安藤助手「今年は輸送時間が長くなります。現地到着後の体調や馬場状態などで、向こうでどう調整できるか分からないため、日本でしっかりやっておかないといけないと思ってました。今の坂路は時計が出るので、これくらいは動けて当然。稽古を重ねるごとに良くなってきてますよ」