【スプリングS】ルーカス いきなりエンジン全開「中間のコンタクトは良好だし馬体面も充実」

2018年03月15日 20時32分

【スプリングS(日曜=18日、中山芝内1800メートル=3着までに4・15皐月賞優先出走権)注目馬15日最終追い切り:美浦】1週前追い切りではアルバート(阪神大賞典)をアオる軽快な動きを披露。昨年暮れのホープフルSでは6着に終わったルーカス(写真中)だが、年が明けて稽古の動きに迫力が増しており、モーリスの全弟らしい成長曲線を描いている。

 この日は先週と同じく南ウッドでの併せ馬。新馬相手に余力十分の併入フィニッシュ(4ハロン54・0―39・0―12・4秒)は当然としても、前走時とは違って、道中の折り合いが実にスムーズ。体も適度に引き締まっており、いきなりからエンジン全開ムードだ。陣営も好発進を約束した。

 森助手「中間のコンタクトは良好だし、馬体面も充実してきた。前走以上の競馬ができるはず」