【阪神大賞典】カレンミロティック 坂路ラスト12・4秒「動き、時計ともに良かった」

2018年03月14日 20時45分

【阪神大賞典(日曜=18日、阪神芝内3000メートル=1着馬に4・29天皇賞・春優先出走権)注目馬14日最終追い切り:栗東】カレンミロティックは坂路で単走。しまい一杯に追われると、力強く伸びて4ハロン51・8―12・4秒の好時計をマーク。久々でも力を出せる仕上がりだ。

 高阪助手「動き、時計ともに良かった。稽古に乗った藤懸(レースは池添)も最近では一番良かった、と言っていた」