【スプリングS】ライトカラカゼ「落ち着きもあって好気配」

2018年03月13日 21時02分

【スプリングS(日曜=18日、中山芝内1800メートル=3着までに4・15皐月賞優先出走権)注目馬13日朝の表情:美浦】ライトカラカゼは南の角馬場からウッドをキャンターで流し、翌日(14日)の最終追い切りに備えた。陣営はやる気満々だ

 相沢調教師「放牧を挟んでリフレッシュできたし、落ち着きもあって好気配。メンバーを見て弥生賞よりチャンスがありそうなこちらを選択した。(今回は鞍上が丸山にスイッチするが)開催日以外は毎日のように乗って、癖はつかんでくれているはず。前走(京成杯=4着)は後ろからになったけど、うまく好位につけて競馬ができれば」