【アネモネS・後記】ハーレムライン メンタル面の改善で飛躍の3連勝

2018年03月12日 21時30分

アネモネSをハーレムラインで制し、笑顔の大野騎手

 桜花賞最終トライアルのアネモネS(オープン、中山芝外1600メートル)はハーレムライン(田中清)が1番人気に応えて優勝。未勝利からの3連勝を決め、2着に入ったレッドレグナントとともに桜花賞切符を手にした。

「立ち回りのうまさが生きた」

 こう振り返ったのは主戦の大野。危なげのないレース運びだった。好スタートから2番手につけ、逃げた2番人気のレッドレグナントをぴったりとマーク。4角で早めに並びかけると、最速上がりでまとめて楽々と押し切った。

 未勝利勝ちまで5戦を要したが、初勝利から3連勝。大野は「スタートが速かったし、直線もしっかり反応できた。一戦一戦、階段を上がってくれている」とレースセンスだけでなく成長力も評価する。「気の悪いところがあり、以前は調教もセーブしていた。ジョッキーが手の内に入れてきたのもあるし、今は競馬で(気性難を)出さなくなった」と田中清調教師。メンタル面の改善も飛躍の大きな要因だ。

 当然、この後は桜花賞を目指す。ラッキーライラック1強ムードの桜戦線だが、2番手グループの一角としてこの馬の勢いも侮れない。