【阪神大賞典】サトノクロニクル「ミルコは『距離が長いのはいいはず』と言っていた」

2018年03月12日 20時32分

【阪神大賞典(日曜=18日、阪神芝内3000メートル=1着馬に4・29天皇賞・春優先出走権)注目馬最新情報:栗東】サトノクロニクルの1週前追い切りは川田を背にウッドで僚馬を一蹴して6ハロン81・4―38・4―11・8秒。軽快なフットワークが目を引く。2月中旬から時計を出して順調そのもの。

 池江調教師「騎乗したことのあるミルコ(デムーロ)は『距離が長いのはいいはず』と言っていた。まだ線の細いところはあるが、中間はいい動きを見せているので楽しみにしている」