【フィリーズR】アンコールプリュ 半馬身先着「いい決め手を持っているし、ここが試金石」

2018年03月07日 20時49分

【フィリーズレビュー(日曜=11日、阪神芝内1400メートル=3着までに4・8桜花賞優先出走権)注目馬7日最終追い切り:栗東】アンコールプリュ(写真手前)は先週に続いてウッドで併せ馬。藤岡康を背に3馬身後ろから追撃。4ハロン標から一気にペースを上げ、直線は内から伸びて半馬身先着した。稽古では目立たないタイプだが、先週しっかりやったことで素軽さが増した印象(52・6―38・7―11・9秒)。

 大江助手「以前は体をコントロールするために稽古量を調整する必要があったが、今はしっかりやれるようになりました。トレセンの環境になじんで稽古でも従順です。2戦(2歳新馬=阪神芝外1600メートル、つわぶき賞=中京芝1400メートル)は違う競馬場、違う距離で結果を出している。いい決め手を持っているし、ここが試金石ですね」