JRA来年春から新格付け「リステッド」

2018年03月06日 11時00分

 JRAは5日、一部オープン特別競走の「リステッド格付け」が19年春季競馬から行われることを発表した。(1)世界基準への準拠、(2)降級制度廃止後のオープン馬の円滑な出走を図るためのオープン競走の区別化がその理由。競走名の後ろには「L」が付される。

 これまでオープン特別として行われてきた競走の約半分にあたる65競走がその対象。GI、GII、GIIIのグレード競走の次に重要な競走として位置づけられ、グレード競走と同様に、優勝馬はセリ名簿においてブラックタイプ(太字)で記載される。